Recent Posts

CADの資格をとって転職を

みなさんは、気になる資格や、取得してみたい資格などはありますか?わたしは、最近「CAD」に興味があります。もともとわたしは、建築や設計に興味があったので、このCADも前から気になっていたんですよね。CADというのは、英語でいうと、computeraideddesignの略になります。つまり、簡単に説明すると、コンピューターを利用して機械や住宅などの建物などを設計することです。現代では、設計はほどんどコンピューターで行っているそうです。ですから、このCADのスキルは、建築や設計の仕事に携わるには、必須ともいえるものになっているんですよね。わたしもこのCADのスキルを身に着けるために、最近CADのスクールに通いはじめました。CADスクールでは、わたしのような初心者でも分かりやすいように教えてくれるので、とても勉強になります。ある程度、スキルが身についてきたら、CADの資格にも挑戦してみようと思っています。CADスクールのインストラクターはとても丁寧に教えてくれるので、ありがたいですね。インストラクターから、現場で必要な実践的なはなしも聞けるので、とても参考になります。CADの仕事に就くためには、特別な資格は必要はないそうです。ですが、わたしのような未経験者の場合は、CADの資格を取っておいた方が就職活動さいにアピールポイントになるそうですよ。しっかりと勉強して、CADの資格が取れるように頑張りたいと思います。

CAD資格が生かせる場面について

CADの資格取得と言ってもどんな資格を取れば良いのか迷う人も多いと思います。私自身はCADを使った仕事をしていますが、CADの資格を持っておりません。それには理由がありまして、CADの検定内容が機械の図面であったり、建築の図面であったりする場合が多いからなのです。これから機械や建築の図面関係の仕事につきたいと思う人はとっておいて損はないですよ。CADが扱える証明になりますから、断然有利です。私の場合は土木設計ですので、書く図面自体がだいぶ違うので取得にいたっておりません。土木の図面も全てCADで書かれている時代ですから土木CADに特化した試験があっても良いのに。と思う私も少し見え隠れしてしまいます。また今の流行で言うなら3DCADの資格を取っておくのはかなり有利になるかと思います。これは土木でも使えるCADですので、ほかの分野の図面が課題になっていたとしても勉強して取得したいですね。私も勉強中ですなのですが、いまいち理解できておりません。ただ資格を取るにあたり先にものべましたが種類が豊富ですので、ユーザーに合った資格を取得するのがベストなのです。私が知りえるだけでもCADの種類は片手では到底足りないほど存在しています。これからCAD関連の仕事につく、もしくは現在の仕事でCADが必要になった方は、出来る限り多くの業種でつかわれているCAD資格を取得するのが良いのではないでしょうか。ただ実務に生かせるかどうかは本人次第ですので、資格を取得するのは初めの一歩と考えるのが良いかもしれませんね。

CADの資格を取りたいですか?

CADの資格を取りたいですか?このソフトを使いこなすにはソフトにあるコマンドをすべて覚えることが大切なのです。これを取得するにはスクールに通って勉強することが大事です。これを使えるようになるには画面上で覚えることがとても大切なのでスクールに通って基礎から学ぶことが取得の最善です。コマンドの使い方を覚えたら図面を描く練習をするのですが図面を描く順序もありますのできちんと覚えることが大切ですね。ひとつの図面を仕上げるための授業としては時間はかかると思いますが、はじめは描きかたを覚えることが先決なので集中して学ぶことが大切です。ある程度図面を作成することができるようになったらスピードをあげて作成する練習が必要です。試験では、作成の時間も限られていますので、どれだけ迅速に間違えずに作成できるかが大事になってきます。スクールで取得に必要な知識を学んで合格することができるようにがんばりたいものですね。試験ではテーマが与えられ、その図面を作成することになるのですが落ち着いてやればできると思いますので緊張はしないことが大事です。取得できれば就職などで活用できますので興味があるかたはスクールで勉強することをおすすめします。コンピュータのソフトできれいに図面を作成できるようになりますので基本を忘れることがないようにすることも大切です。この図面はいろいろな設計図面で活用しているので使えないと図面も作成することができないので取得しておくととても便利です。

住宅建築のCAD資格

CADの資格といってもいろいろありますが、私は先日、建築CAD検定試験2級に合格しました。これは比較的簡単に取得できるCADの資格の一つだと思います。この建築CAD検定というものは、一般の住宅の間取り図の略図から平面図を描き、間取り図の略図の情報から住宅を横から見た立面図を描くというものです。試験では使い慣れたCADソフトで受検できます。しかし比較的簡単と言っても、CADの使い方をしっかり覚えていなければ、なかなか制限時間内には描きあげるのが難しいです。勉強方法としては、やはり過去の問題や練習問題を入手して、ひたすらCADで描いてみて、それをやりながらCADの操作の仕方や早い描き方を自分なりに構築していくことが重要と思われます。受検の制限時間は5時間ですが、最初のうちはその数倍の時間がかかってしまうと思います。しかし何回も練習してその中でCADの速い操作方法を自分で工夫したり、コピー・ペーストの使い方に慣れてくるとなんとか制限時間内に収まるようになってきます。私は専門学校で習いましたが、授業の後半はほとんどCADを自分で操作してひたすら図面を描くという、ほぼ自習でした。CAD図面を速く描ける人は、どうやら図面を単なる線の集まりとして見ているようです。そうであればパソコンの操作に習熟した人の方が早いのですが、私の場合、完成形をイメージできないと図面が描けませんでした。この資格を実際に役立てる場面を考えると、図面を線の集まりとして見るだけでは仕事になりません。住宅建築に関するテキストも入手して同時に勉強するべきです。

CADの資格を得て設計を効率的に行う

書類を作成するときにワープロソフトを使うことがあると思います。便利なのは修正が容易にできるということです。間違えればその部分に戻って消して上から書き直せば良いのです。消しゴムで消すというわけではないので消しても汚れるというわけではありません。さらにはデータとして保存をすることができるということがあります。あとで見直しをしたり、同じような書類を作成するときはフォームを作っておけば一から作成する必要がなくなることになります。いろいろな業務において効率化が図れるということになります。文章を作成するだけでなく図形などを使った案内図なども作成できます。同じように手作業をパソコンのソフトウェアを使うことで効率的に行うということがあります。それがCADということになります。建設業などにおいては設計が必要になりますがその設計に関して以前は手書きで行っていました。間違えれば当然消して行わなければいけません。線の引き直しなどを頻繁に行いますから間違えると非常に見えにくくなります。さらに細かく書き込むことになるので最終段階においてはあまり修正することもできなくなります。慎重な作業が必要だったということです。それがパソコンを使うことで修正などがしやすくなりました。データの共有もできます。こちらに関しては専用のソフトウェアを利用して作成することになります。その使い方を知っているかどうかによって効率的に作成ができることになります。一度作成の方法を覚えるといろいろな事務所においてもその技術を使えることになります。設計事務所においても使える人を求めるということがあります。設計の仕事をするという場合においては是非とも持っておきたい技術です。単に技術を得るだけでなく資格を取得することで評価を得るということがあります。難易度の高いものを取得しておけばそれだけ評価が高まります。採用試験においてもその部分を見てもらうことができます。給料にもそれが反映されることもあります。